カテゴリ:アウトドアグッズ( 25 )

新しい仲間が増えました( ´ ▽ ` )ノ

キャンプ用に以前購入したユニフレームのケトル…
結局、日常使いにも使用するためいつもキャンプのときに忘れてしまいます(^^;;

なので、キャンプにしか使わないようにランクルに常備しておく用のケトルを新調しました
f0088165_16093493.jpg

当初「トランギア」のケトルを買うつもりだったのですが、『気軽に楽しく、勉強にもなる(笑)』モノを探した結果
ケリーケトルにしました!

これの何が誰にとって「勉強」になるかと言いますと
キャンプ場で子供達に小枝を拾い集めてもらい、子供達に火をつけてもらおうかと思っています(*^^*)

これで「火をつける楽しさ(変な意味ではなく)と火の怖さ、ありがたさ」をカラダで感じてもらえればと思っています
f0088165_16093518.jpg

このケトル、中はこのように中空になっています
f0088165_16093575.jpg

注ぎ口から中を見てみると、二重構造になっていることがわかります

火種の上に置くと、チムニー効果によって熱量を余すことなく全体に行き渡らせ、素早くお湯にできる、というシンプルかつ合理的な構造です

っで、今日は子供達と近くの河川敷で点火式です(笑)

河原にたくさん落ちている小枝を皆で拾い集めて、マッチで点火です!
f0088165_16093617.jpg

するとどうでしょう!モノの2〜3分で沸きました!
まさに突沸です(笑) これならキャンプの朝も楽しくコーヒー飲める気がします( ´ ▽ ` )ノ

…沸いたお湯を使って皆でココアを飲む予定が… 玄関にココアとおやついれた袋を置いてきちゃいました(T ^ T)
なので今回は沸かしただけ、になっちゃいました(; ̄O ̄)
f0088165_16093646.jpg

しかしこれ、ヤニ?がすごいね… 側はきれいなままですが、腹の中は真っ暗です(^^;;
f0088165_16093661.jpg

そして今回、もうひとつ仲間入りしたモノがあります
ARBオーニング用のサイドウォール!
f0088165_16093711.jpg

この前の西湖キャンプのとき、夜気温が下がって寒かったため、予備で持って行ったワンポールテントを急遽建てたのですが、あの時「やっぱりオーニングがBOX形状になると便利だなぁ」と思ったんです

オーニングでお世話になったクワトロスポーツさんに連絡すると、在庫有とのことだったので導入することに!
ちなみに価格は24,624円(送料別)でした

さっそく自宅前で建ててみたのですが、風が強くてペグダウンできないアスファルト上では難しい!
f0088165_16093748.jpg

でも、取付け方や全体の大きさ、雰囲気はわかりました(*^^*)
次回からのキャンプではとても役に立ちそうな、そんな気がします

そして、自宅に転がっていた廃材を使ってラゲッジキャリアのしたに引き出しをつくってみました( ´ ▽ ` )ノ
f0088165_16093787.jpg

子供達の衣類を入れる衣装ケースも入れれる大きさでつくってみたら、意外にぴったりになっちゃいました(^^;;
細部はホントに見せられないひどいクオリティですが、自分としては◯なのでヨシとします(笑)
まぁ、ジグソーでまっすぐ切ろうってのが間違いですね〜

こうしてまた、キャンプ道具が増えてゆく〜

[PR]
by gogo-beemer | 2016-04-16 15:53 | アウトドアグッズ | Comments(0)

ラゲッジキャリア最終形(笑)

ランクルが納車されて最初にしたこと・・・
それは「収納力UPのためのキャリア作り」でした(笑)

ヘタの横好きで作った初代ラゲッジキャリアがこれ↓ 家にあった板をつかって作ったため
前後で厚みの違う、段のあるキャリアになりました(^^;
f0088165_19140095.jpg
高さもリアシートの高さになんとなく合わせてみたのですが、これがなんとも使いにくい!
荷物を載せるのも車高の高さも相まってとても大変だし、取り出すのも一苦労でした
f0088165_19195745.jpg
なので、1年経った今(遅っ!)、リニューアルすることにしました!
高さを抑え、2枚組で枠にはめていた板を1枚モノにして上にかぶせる仕様に変更です
板もコンクリート型枠用の厚みのある合板を使い、室内の形にあわせてカットし、ぴったり密着するようにしました
こうすることで、荷物を積んだ時のパイプのたわみを抑え、より重いものを載せられるようにしました(*´▽`*)
f0088165_19140129.jpg
下の段には椅子とテーブルを常備して、いつでものんびりできる体制を整えます(笑)
f0088165_19140194.jpg
そして、リアシートを倒すと、完全に“ツライチ”になるように高さを調整しました
これによって、マットを引けば車内泊も可能になりました~
f0088165_19140269.jpg
中で寝る事も想定して、マットもクッション性の高いマットを張りました
f0088165_19140040.jpg
とりあえず、ラゲッジキャリア作りはこれにて終了の予定です(笑)
こうやって色々「やってみよう!」と思えるランクルは、やっぱり面白い!!


[PR]
by gogo-beemer | 2016-04-14 21:40 | アウトドアグッズ | Comments(0)

PELICAN HARDIGG

PELICAN-HARDIGG・・・
タフな防水ケースで有名な「ペリカンプロダクツ」の傘下にある、主に軍用に防水・防塵ケースを製造するメーカー

我が家のキャンプ道具を運搬するケースとして、その性能はとても魅力的です

今回、運よく米軍の放出品からとてもいいサイズのモノをゲットできました♪

写真からはその大きさが伝わりにくいとは思いますが、コールマンのランタンがケースごと縦に収納できるサイズ、
といえばその厚みがわかるでしょうか? とにかく「デカい」ケースです
たぶん20リットルの灯油缶が3~4個は収納できるサイズです(*^^*)

ボディは耐衝撃性能にすぐれた特殊な樹脂でできており、単純な構造から通常で使うなら壊れることは
まったくなさそうな感じです 大きさから感じるほどには重くもなく、15kgくらいでしょうか?
f0088165_08041871.jpg

f0088165_08041911.jpg
ランクルのルーフキャリアに積んで、タイダウンするときに荷物がずれないように、ロープをかける部分もあります
f0088165_08041929.jpg
特徴的な「バラフライラッチ」 手袋をしていても施錠しやすい大型でカンタン操作のロックが10か所についています
f0088165_08041948.jpg
上下が完全に分離する形なので、雨天での撤収はちょっと難儀しそうですね(^^;
f0088165_08042088.jpg
上下ケースの嵌合部分は凹凸になっており、ゴムパッキンも入っているので、雨の侵入はなさそうです
f0088165_08042008.jpg
気密性の高さから、高所に行ったとき気圧の変化で開かなくなる可能性もあるようですが、そのときは
このプレッシャーバルブで気圧をもどせるようです
f0088165_08042035.jpg
ただ、ひとつだけ問題?があり、このケースにキャンプ道具を詰め込むと、たぶんルーフキャリアまで
持ち上げることは重くて無理でしょう・・・(^^;
ってことは、ルーフキャリアに積んでからモノを詰め込んでいく?

う~ん、使い方を考えなくては(笑)


[PR]
by gogo-beemer | 2016-04-03 08:03 | アウトドアグッズ | Comments(4)

ARB サイドオーニングを装着

バレンタインデーのこの日、男2人は自宅から追い出されてしまいました(^^;
このチャンスに、さんぽ君と2人でドライブがてら、埼玉県にある「クアトロスポーツ」さんに
注文していた部品を取り付けてもらいに行ってきました( ̄▽ ̄)

さんぽ君、クルマに乗るとすぐに眠くなっちゃう人なんですが、初の助手席で大興奮!
でも、しばらくすると~・・・ 眼もうつろになってきて、次第に口数が少なくなってきました(笑)
f0088165_17062141.jpg
でも、暑かったため寝入ることができず、若干不機嫌です(^^;

そんなことしてるうちに、クアトロさん到着~
相変わらずピンツやディフェンダー、ランクルなどのマニアックな4WDが集う異空間です♪
f0088165_17062105.jpg
さっそく取付準備をしていただきます!
どうやってつけるのかな?と思ってたら、先に取り付けてもらったルーフキャリアに穴を開けて
ボルトで取り付けるんですね! 
f0088165_17062264.jpg
そして前後の具合を調整して、取り付け完了です(*^^*) う~ん、ステキ☆
f0088165_17062224.jpg
このオーニング、クアトロさんでは47,800円で販売していますよ(別途工賃は必要です)
高いか安いかはそれぞれの価値観ですが、例えばスノー○ークのタープを買うことを
考えれば、僕にとっては費用対効果を考えても格安に感じます

もちろん、クルマに直付けなので、クルマの乗り入れ不可なキャンプ場では使えませんが、
そんなところだとスノー○ークのタープでも運搬・設置は大変ですもんね
クルマ停めて即2.5m四方の日差し・雨除けが作れるこの構造は、設営を終わらせて遊びたい我が家では
かなり使えるのではという判断です


父ちゃんが自己満足な世界に浸ってるあいだ、さんぽ君もまた、自分の世界に没入・・・
ってか、なにをしてるのかね君は(^^; 一人で黙々とどろんこ遊びに興じておりました
f0088165_17062377.jpg
クアトロさんに置いてあったランクル70・・・
ARBのデラックスブルバーに、超爆光のLEDライトとWARNのウインチで完全武装!
ここまでやると・・・ かっこよすぎです(*^^*)
f0088165_17062393.jpg

ここまでやってどこ走るの?なんてのは野暮な話ですよ!
ランクルって、たぶんそんなクルマなんです(どんな?)

その後、帰宅途中にどこかでオーニングを試張りしようと思ったのですが、春一番が吹き荒れる中、
さっそく曲げちゃあイヤだなということで、真っすぐ家路に着きました

近々どこかでキャンプがてら使いたいなぁ~なんて夢見る今日この頃です(笑)

[PR]
by gogo-beemer | 2016-02-15 21:11 | アウトドアグッズ | Comments(2)

ルーフキャリア

少し前の話ですが、ルーフキャリアを取り付けました(*^^*)
アルファードからランクル70に乗り換えてから、最初に困ったのが積載量の低さ
まぁ、分かってた事なんですけどね ミニバンよりはトランクが狭いことは(^^;

で、ルーフキャリアをつけることにしました
取り付けをお願いしたのは、埼玉は狭山にある「クアトロスポーツ」さん!
知る人ぞ知る、ランクル&ディフェンダーのプロショップです
自社で直接輸入しているらしく、一番欲しかったオーストラリアのメーカー「ARB」の
ルーフキャリアを予想よりもお安く手に入れることができました

取り付けていただいたのは幅1.25m、長さ2.2mでほぼルーフ全体を覆うアルミのキャリア!
アルミとはいえ積載能力は1tを超えるらしく(日本ではランクルの最大積載量が500kgなので1t積むと違反ですが(笑))、
彼の地ではここに予備の燃料と水、ルーフテントを載せて大人が寝る事も想定しているため、
非常に強固に作られています
f0088165_19355318.jpg
この頑丈でずっしり重いキャリアをどうやって積むのかなぁ?と思っていたら、なるほどフォークリフトで
積むんですね(^^; こりゃ個人で買って取り付けは難しいなぁ
f0088165_21121050.jpg
f0088165_19355492.jpg
f0088165_19355403.jpg
これを慎重にレインガーターに取り付けていただいて、約2時間で取付完成です!!
f0088165_19355428.jpg
う~ん、やはり機能的なものは美しい・・・ これぞまさに“機能美”ですね(笑)

キャリア取り付け中にクアトロスポーツさんにピットインしているクルマたちをジロジロ・・・
僕が一番欲しいと思っていた本場オーストラリア仕様のランクル“78”トゥループキャリア!!
直噴4.5ℓV8インタークーラーディーゼルターボのイカしたスペック

f0088165_19355534.jpg
Aピラーにくっ付くシュノーケルが本気を感じさせます(笑)
ウィンドの3角窓も萌え度かなり高し!!!
f0088165_19355595.jpg
トゥループキャリア、その名のとおり「兵員輸送」のため、ドアは2ドア、荷室は76より更に伸ばされ
ミニバンにも匹敵するほどの容量を誇ります

う~ん、こっちを買えばよかったか・・・ とはいえ、乗り出し7~800マンは・・・ 到底無理です(´;ω;`)
しかも76のボクシーなスタイリングが好きなんだもん!とこれを見なかったことにします(爆)
f0088165_19355676.jpg
子供たちにも「ランクル」というワードが定着してることだし、我が家はこれからもこのクルマで旅を続けますよ(笑)

ともあれ、ルーフキャリアのおかげで今まで積めなかったモノたちもどんどん詰めることになりました
これでこれからのキャンプも安心です♪ 
f0088165_19355612.jpg
ただ・・・ 取り付け後、友人の住むマンションの駐車場でギリギリのところを進んでて、でっぱりに引っ掛けてしまったことは・・・
痛恨の極みです(T^T)

[PR]
by gogo-beemer | 2016-02-09 19:31 | アウトドアグッズ | Comments(0)

カヌーにいきたい

ブログをさぼってる間に新たに増えた僕の趣味・・・
それはカヌー!

きっかけは、友人が購入したカヌーに富士五湖のひとつ、西湖で乗させてもらったこと
水面を静か~に進む感触は、今まで自分が経験したことのない気持ちよさでした(*^^*)

それから数か月、カヌーがほしいともやもやしていたのですが、あの日、モンベルをのぞくと
まったくの新品があり得ない価格で売られているのに遭遇しました!
なぜこんなに安いの??と店員さんに質問すると「検品したところ、少し傷があるため」とのこと・・・

その傷の部分を見させてもらったんですが「・・・これっ?!」っていうくらいのごく微細な
擦り傷??のようなものがあるようなないようなというレベル(^^;

店員さんいわく「自社の検品がここまで厳しいとは、私もはじめて知りました」というくらいのモノ
これはもう買うしかないでしょ!!って事で、晴天の霹靂のような出来事で運よくGetしました!!

ホントはストライダーにしモンベルの横にある公園に行くつもりが、途中で雨になったので、急遽
予定変更で覘いただけだったんですけどね~ 運命だなこれは

ということで、我が家にやってきた「アルフェック アリュート430」ちゃん♪
畳んだ状態だと小さなスーツケースくらいの大きさで収納できる優れものです
f0088165_16013498.jpg
アルミのフレームを組み立てて、表面をかぶせると約20分でカヌーに変身です!
慣れないうちはちょっと手こずることもありますが、何度かやると20分もかからないくらいで
完成させられますよ~(^^)
f0088165_16013447.jpg
2014~15年の暖かい時期のキャンプには、必ず持って行ってました♪

奥さんとタンデムで乗ったり~
f0088165_16013534.jpg
子供たちと3人で乗って、普段は絶対に入り込めない場所に上陸してみたり~
f0088165_16013569.jpg
無謀にも海に挑戦して、遭難しかかったり~(^^;
f0088165_16013555.jpg
ダム湖で昔の面影を見たり~
f0088165_16013602.jpg
東北で朝もやのなか、湖を独り占めしたり~
f0088165_16321656.jpg
鏡のようなベタ凪の湖面にひとり佇んでみたり~

f0088165_16430612.jpg
子供たちと魚探しにでかけたりで、かなり使い倒しています!
f0088165_16442027.jpg
カヌーが我が家に来てから、湖でのキャンプがとても増えました♪
だって、最高のアクティビティですもん(*^^*)
f0088165_19143507.jpg

f0088165_18121831.jpg
今年は組み立てた状態で、ルーフキャリアに乗せてキャンプ場に着いたら即カヌれるようにしたいと思います(笑)





[PR]
by gogo-beemer | 2016-01-26 21:17 | アウトドアグッズ | Comments(0)

雪に備えて

いや~、記録的大雪とやらで関東以外の地域では大変なことになってますね(^^;

ここ東京も、先週月曜日に雪が降り、通常40分で着く会社に3時間以上かかるという
有様でした。 まぁ、雪の影響というよりは鉄道会社の対策ミスと国土交通省の指示ミス、
そして、人の多さが原因な気がします。個人的にですが

まぁ、雪で困るのが「靴」のチョイスかと思うんです
僕も先週の雪のとき、3,000円のスノーブーツで出勤したのですが、雪の層の下にある水の
影響で完全に浸水してしまい、足の指が取れるかと思うほどに凍えました(笑)

あんな思いをするのはもう嫌だっ!ってことで・・・

買っちゃいました、ソレルのブーツ

f0088165_12215700.jpg
ソレルのコンセプト、それは「あらゆるスノーシーンで、暖かくドライで、快適に」
まさに僕が求めているものそのものです!
f0088165_12215813.jpg
こういうラバーとファブリックのハイブリッドは、ファブリックの部分から徐々に水が
染み入ることがありますが、さすがに新品なので撥水が効いてますね(笑)
使い込んだ後、どうなるかが課題ですが、使用後の撥水材の塗布は必須ですね~
f0088165_12215806.jpg
使用限界は-40℃! 北海道でもそこまではいかないかな? 
日本で履くには若干オーバクオリティな感も否めませんが、寒がりな外好きには丁度良いかな?

しかしこの表示・・・ 摂氏も華氏も同じ表示
何かの間違いかと思って調べてみたんですが、華氏(F)-1が摂氏(C)の-18.3
これが徐々に下がっていって華氏-10=摂氏23.3、華氏-20=摂氏-28.8、華氏-30=34.4なんですが
-40ではなぜか華氏も摂氏も同じ-40らしいんですよね(^^;
f0088165_12215985.jpg
インナーもボアでぬっくぬくです☆
あ~、早く履けるフィールドに行きたいなぁ~(*´▽`*)
f0088165_12220032.jpg
・・・でも、関東はしばらく寒いけど、雪は降らないらしい
まぁそんなもんだ(^^;


[PR]
by gogo-beemer | 2016-01-24 21:26 | アウトドアグッズ | Comments(0)

LOCUS GEARのタープ

バイクキャンプ用にモンベルの「ミニタープHX」を持っていたのですが、
僕にとって、ヘキサはいまひとつ使いづらく感じてしまい、結局ヤフヲクへ・・・

それ以来、小さめのタープを持たない生活だったのですが、ちょっとした日陰を
作りたいときにやっぱりあったほうがいいなぁと、なぜか日差しが恋しいこの時期に
思い、色々探した結果「LOCUS GEAR」のソロタープに行きつきました♪

2.7m×1.5mの大きさなのですが、収納サイズは驚異の20cm!!
シルナイロンなので、くしゃくしゃ~っと袋に詰め込むだけの簡単さ

この大きさなら、山行くときにも持っていこうと思えます(笑)
f0088165_17302285.jpg
いや~、シルナイロンのつるりとした触感が・・・ なんとも好きなんです(*^^*)
f0088165_17302202.jpg
こいつを買った一番の理由
それは、カーサイドタープ代わりに使っちゃおう!という計画(*´▽`*)
ってことで、さっそく相模川河川敷まで試し張りに行ってきました♪


ルーフキャリアのメッシュ部分に、家に転がってたカラビナでタープを接続して~
f0088165_17302302.jpg
ユニフレームのポールで立ち上げるとこんな感じで日陰が作れます♪
日帰りでカヌーしにいくときとか、絶対良いとおもうんですよねっ
ここに椅子を置いて、湖を眺めながら~・・・ いいねぇ(^^)

うーん、イエローかブラウンかで迷いましたが、ブラウンにしてよかったなぁ
落ち着いた大人の雰囲気です(っと自画自賛(笑))

とはいえ、ホント~はテントにあわせて赤いシルナイロンの生地を買って、自作しようかとも
思っていたのですが、つるつるの素材を慣れないミシンで縫う、という行為が僕にはどうにも
ハードル高く感じてしまい、既製品でまかなっちゃいました(^^;
このタープのつくりを子細に見ると・・・ やはり僕にも難しそうです
f0088165_17302488.jpg

せっかく相模川来たので、水たまりでザブザブ遊んできました
子供たちも、大揺れの車内できゃあきゃあ大はしゃぎでした(^^;
f0088165_17302499.jpg


[PR]
by gogo-beemer | 2016-01-23 19:38 | アウトドアグッズ | Comments(2)

我が家のシュラフたち

キャンプになくてはならないモノ・・・
それは快適な寝具(笑)

我が家では、費用対効果を考えて、子供たちもすべてモンベルの化繊のモノを使ってます

僕は「バロウバック #1」 リミットー9℃ですが、以前真冬の雲取山でキャンプしたとき、
夜間-18℃まで下がりましたが、シュラフカバーしてなんとかしのげました(笑)

奥さんは「バロウバック #3」寒いときは、インナーとして#5を入れたりもします

子供たちはキッズ用のバロウバック、これは今廃盤になってしまって、リニューアルしちゃいましたね
でも、子供たちは+30℃以上から-10℃まで、これで普通に寝てますよ(^^; 汎用性高いです
f0088165_13483777.jpg
寒がりの僕は、ほとんどのシーズンをこのシュラフで過ごしてますが、山に行くときはさすがにデカい・・・
50ℓのザックだと、半分はシュラフになってしまいます

そのため、グラナイトギアのドライサックにいれて超圧縮してコンパクト化を図っています

f0088165_13483725.jpg
このドライサック、ボトム部にeVentという防水透湿素材を使用しているため、上からギュウギュウシュラフを押し込んでも
そこから余分な空気が抜けて、小さく圧縮することができます  おかげで枕にはなりませんけど(笑)

f0088165_13483766.jpg
このサックを使うと、デカかった#1もこんなにすっきりコンパクトになります♪
膝をつかって更に絞ることもできますので、全長を短くすることも可能です

でも、あんまりやり過ぎると、自由度がなくなりカッチカチになってしまい、逆にザック内での
収まりがなくなってしまうので注意ですよ
f0088165_13483871.jpg
でも、クルマに積むときは、オルトリーブのラックパックXLに、すべてのシュラフを袋から出した状態で
マットとともに超圧縮です!
f0088165_21441177.jpg
これだとキャンプ場についてから、ひとつひとつシュラフの準備をする手間が省けるのでオススメですよ~


[PR]
by gogo-beemer | 2016-01-22 22:40 | アウトドアグッズ | Comments(0)

コンパクト化

家族でキャンプに行くにあたって、今までは荷物積載量無制限?なクルマでしたが
ランクルになってから半分以下に・・・(^^;

そうなると「荷物のコンパクト化」を真面目に考えないといけません
かといって、全てを省スペースなモノに買い替える、という予算はありませんので
「今あるもの」をコンパクトにしていこうと思います

一番スペースを取るものが「シュラフ」と「マット」なので、まずはシュラフのコンパクト化から始めようと思います♪

さっそく買ってきたのはモンベルの「コンプレッションスタッフバックL」!
f0088165_22385230.jpg
コイツを使って、特に嵩張る子供たちのシュラフをまとめてコンパクトにしてよろうという計画です(*^^*)
f0088165_22395717.jpg
子供たちのシュラフ、1つでも約22cm・・・
f0088165_22404899.jpg
これらを2枚共重ねてしまいます
f0088165_22414130.jpg
コンプレッションスタッフバックを合わせてみると、横幅はほぼ同じですね~
f0088165_22422974.jpg
シュラフをクルクルとまるめてざっくり入れてみるとこんな感じです
約30cmくらいですかね?
f0088165_22434224.jpg
これをバンドでぎゅうぎゅう締めていくと、ここまでコンパクトになります!
f0088165_22444160.jpg
長さも44cmほど・・・ 父ちゃんが使っている「バロウバック#1」と比べても、そんなに大きさを感じません

うーん、思ってた以上に荷物の容積を減らせられるかも? あとはマットだな・・・

っという事で、明日は「いつものところ」にLet'sキャンプです!(*^^*)




[PR]
by gogo-beemer | 2015-02-27 22:50 | アウトドアグッズ | Comments(0)