<   2016年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

新しい仲間が増えました( ´ ▽ ` )ノ

キャンプ用に以前購入したユニフレームのケトル…
結局、日常使いにも使用するためいつもキャンプのときに忘れてしまいます(^^;;

なので、キャンプにしか使わないようにランクルに常備しておく用のケトルを新調しました
f0088165_16093493.jpg

当初「トランギア」のケトルを買うつもりだったのですが、『気軽に楽しく、勉強にもなる(笑)』モノを探した結果
ケリーケトルにしました!

これの何が誰にとって「勉強」になるかと言いますと
キャンプ場で子供達に小枝を拾い集めてもらい、子供達に火をつけてもらおうかと思っています(*^^*)

これで「火をつける楽しさ(変な意味ではなく)と火の怖さ、ありがたさ」をカラダで感じてもらえればと思っています
f0088165_16093518.jpg

このケトル、中はこのように中空になっています
f0088165_16093575.jpg

注ぎ口から中を見てみると、二重構造になっていることがわかります

火種の上に置くと、チムニー効果によって熱量を余すことなく全体に行き渡らせ、素早くお湯にできる、というシンプルかつ合理的な構造です

っで、今日は子供達と近くの河川敷で点火式です(笑)

河原にたくさん落ちている小枝を皆で拾い集めて、マッチで点火です!
f0088165_16093617.jpg

するとどうでしょう!モノの2〜3分で沸きました!
まさに突沸です(笑) これならキャンプの朝も楽しくコーヒー飲める気がします( ´ ▽ ` )ノ

…沸いたお湯を使って皆でココアを飲む予定が… 玄関にココアとおやついれた袋を置いてきちゃいました(T ^ T)
なので今回は沸かしただけ、になっちゃいました(; ̄O ̄)
f0088165_16093646.jpg

しかしこれ、ヤニ?がすごいね… 側はきれいなままですが、腹の中は真っ暗です(^^;;
f0088165_16093661.jpg

そして今回、もうひとつ仲間入りしたモノがあります
ARBオーニング用のサイドウォール!
f0088165_16093711.jpg

この前の西湖キャンプのとき、夜気温が下がって寒かったため、予備で持って行ったワンポールテントを急遽建てたのですが、あの時「やっぱりオーニングがBOX形状になると便利だなぁ」と思ったんです

オーニングでお世話になったクワトロスポーツさんに連絡すると、在庫有とのことだったので導入することに!
ちなみに価格は24,624円(送料別)でした

さっそく自宅前で建ててみたのですが、風が強くてペグダウンできないアスファルト上では難しい!
f0088165_16093748.jpg

でも、取付け方や全体の大きさ、雰囲気はわかりました(*^^*)
次回からのキャンプではとても役に立ちそうな、そんな気がします

そして、自宅に転がっていた廃材を使ってラゲッジキャリアのしたに引き出しをつくってみました( ´ ▽ ` )ノ
f0088165_16093787.jpg

子供達の衣類を入れる衣装ケースも入れれる大きさでつくってみたら、意外にぴったりになっちゃいました(^^;;
細部はホントに見せられないひどいクオリティですが、自分としては◯なのでヨシとします(笑)
まぁ、ジグソーでまっすぐ切ろうってのが間違いですね〜

こうしてまた、キャンプ道具が増えてゆく〜

[PR]
by gogo-beemer | 2016-04-16 15:53 | アウトドアグッズ | Comments(0)

ラゲッジキャリア最終形(笑)

ランクルが納車されて最初にしたこと・・・
それは「収納力UPのためのキャリア作り」でした(笑)

ヘタの横好きで作った初代ラゲッジキャリアがこれ↓ 家にあった板をつかって作ったため
前後で厚みの違う、段のあるキャリアになりました(^^;
f0088165_19140095.jpg
高さもリアシートの高さになんとなく合わせてみたのですが、これがなんとも使いにくい!
荷物を載せるのも車高の高さも相まってとても大変だし、取り出すのも一苦労でした
f0088165_19195745.jpg
なので、1年経った今(遅っ!)、リニューアルすることにしました!
高さを抑え、2枚組で枠にはめていた板を1枚モノにして上にかぶせる仕様に変更です
板もコンクリート型枠用の厚みのある合板を使い、室内の形にあわせてカットし、ぴったり密着するようにしました
こうすることで、荷物を積んだ時のパイプのたわみを抑え、より重いものを載せられるようにしました(*´▽`*)
f0088165_19140129.jpg
下の段には椅子とテーブルを常備して、いつでものんびりできる体制を整えます(笑)
f0088165_19140194.jpg
そして、リアシートを倒すと、完全に“ツライチ”になるように高さを調整しました
これによって、マットを引けば車内泊も可能になりました~
f0088165_19140269.jpg
中で寝る事も想定して、マットもクッション性の高いマットを張りました
f0088165_19140040.jpg
とりあえず、ラゲッジキャリア作りはこれにて終了の予定です(笑)
こうやって色々「やってみよう!」と思えるランクルは、やっぱり面白い!!


[PR]
by gogo-beemer | 2016-04-14 21:40 | アウトドアグッズ | Comments(0)

西湖でキャンプ


「ツキイチキャンプ」を掲げてはじまった2016年・・・
結局今年2度目のキャンプは4月になっちゃいました(^^;

っということで、4月9~10日、西湖にある「自由キャンプ場」に友人家族とともにカヌー&キャンプに行ってきました!
しかし、たったの1泊2日なのに、なぜか異様に荷物が多い・・・
後方視界を確保するために、なるべくトランクの上部を空けて積み込んだらこんなになっちゃいました

ルーフの上にはハーディックにいれたテーブルやランタン、その他諸々の小物たちとクーラーボックス&カラトリーケース
そしてオルトリーブの80ℓにいれた4人分のシュラフ&マット
室内上段にはアルフェック・カヌーとテント&タープ、下段には椅子と着替えの入った衣装ケース・・・
使わないものはないのですが、収納ベタ+積載好きでこんな有様です(笑)
f0088165_19560079.jpg
6時には家をでて、高速に乗って現地を目指します!
いや~、この前付けたクルコン、めっちゃ便利です(^^)
「同じ速度で走れる」ってこんなにも楽なんですね♪ 今どきのレーダークルコンなんかだと
寝ちゃうんじゃないかと心配になるくらいです(^^;
f0088165_19560163.jpg
っで、8時ちょっと過ぎにはキャンプ場到着~
大人1000円×2人・子供800円×2人で合計3600円! しかも歩いていける範囲に温泉もあるんで買い出しさえ
終えればすぐにプシュッとできるのが最大の魅力です(笑)

テントはお気に入りのヒルバーグちゃん♪ ケロンは前後3本づつ、計6本のペグで自立するので設営はめっちゃ速いですよ~
f0088165_19560122.jpg
テントを設営したらカヌーを組み立てます!
家で暇なときに組んでは解体して遊んで(?)いるので、もう手慣れたもんです(*^^*)
f0088165_19560127.jpg
湖面からみたサイト
お隣にいたテンティピの方、めっちゃおしゃれで玄人な感じでした!
おしゃれキャンパーにはなれませんが、すべてを使いこなせるそんなキャンパーになりたいもんです
f0088165_19560268.jpg
昼は暑いくらいの日差しだったので、ARBのサイドオーニングがとても役にたちました
ものの数分で広い日陰が作れるのはホントに便利です!
f0088165_19560219.jpg
子供たちを奥さんにお任せして、父ちゃんはひとりカヌーの上でプシュッ♪
至福のときです(*´▽`*)
f0088165_19560355.jpg
ただ、昼から夕方にかけて風が強く、気温が下がってきたこともありオーニングの下で夕食をと思っていたのですが
断念して、念のためにと持ってきていたワンポールテントを建てることに・・・
f0088165_19560408.jpg
ワンポールの中でたき火したもんだからもう煙で大変なことに(^^;
おかげで服もなにもすべて燻されました~
f0088165_19560478.jpg
夜はけっこう冷え込んだので、ヒルバーグの中をガス式のストーブで温めます♪
積めるもんだからあれもこれもと色々持っていきましたが、結局なんだかんだで全て用を成しました(笑)
f0088165_19560587.jpg
そして翌日・・・
5時に起きて朝カヌー!っと思ったのですが、起きてみると風が強く気温も低め
仕方ないので風がおさまるまで少し待って、2艇で出艇しました
f0088165_22271748.jpg
途中、岩の間を抜けるところとかもあり、なかなか面白いですよ♪
しかし岩の上に見える赤い物体、なぜかこんなところに案山子が立ってるんです(^^;
いままで釣り人がいるんだと思ってただけにビックリでした・・・ なぜここに案山子・・・?
f0088165_22272461.jpg
カヌーも、そしてキャンプも堪能して10時過ぎにキャンプ場を後にしました
まだまだ帰りたくない父ちゃんは「北富士行ってみるかな」「いや、道志経由で帰るかな」なんて
あれこれ妄想してたんですが、もいじ~ちゃんの「早く帰って一輪車で遊びたい」の一言で直帰することに( ノД`)シクシク…
くやしいので吉田うどんだけは食べて帰りました
f0088165_22273276.jpg
そんなこんなで今年2回目のキャンプは終了~
夏になると人が多くなるのでどうしたもんか・・・
でも、外で寝たい・・・ 外に出かけたい・・・
そんな欲求が止められないダメ父ちゃんです(笑)

[PR]
by gogo-beemer | 2016-04-11 22:37 | ファミリーキャンプ | Comments(0)

PELICAN HARDIGG

PELICAN-HARDIGG・・・
タフな防水ケースで有名な「ペリカンプロダクツ」の傘下にある、主に軍用に防水・防塵ケースを製造するメーカー

我が家のキャンプ道具を運搬するケースとして、その性能はとても魅力的です

今回、運よく米軍の放出品からとてもいいサイズのモノをゲットできました♪

写真からはその大きさが伝わりにくいとは思いますが、コールマンのランタンがケースごと縦に収納できるサイズ、
といえばその厚みがわかるでしょうか? とにかく「デカい」ケースです
たぶん20リットルの灯油缶が3~4個は収納できるサイズです(*^^*)

ボディは耐衝撃性能にすぐれた特殊な樹脂でできており、単純な構造から通常で使うなら壊れることは
まったくなさそうな感じです 大きさから感じるほどには重くもなく、15kgくらいでしょうか?
f0088165_08041871.jpg

f0088165_08041911.jpg
ランクルのルーフキャリアに積んで、タイダウンするときに荷物がずれないように、ロープをかける部分もあります
f0088165_08041929.jpg
特徴的な「バラフライラッチ」 手袋をしていても施錠しやすい大型でカンタン操作のロックが10か所についています
f0088165_08041948.jpg
上下が完全に分離する形なので、雨天での撤収はちょっと難儀しそうですね(^^;
f0088165_08042088.jpg
上下ケースの嵌合部分は凹凸になっており、ゴムパッキンも入っているので、雨の侵入はなさそうです
f0088165_08042008.jpg
気密性の高さから、高所に行ったとき気圧の変化で開かなくなる可能性もあるようですが、そのときは
このプレッシャーバルブで気圧をもどせるようです
f0088165_08042035.jpg
ただ、ひとつだけ問題?があり、このケースにキャンプ道具を詰め込むと、たぶんルーフキャリアまで
持ち上げることは重くて無理でしょう・・・(^^;
ってことは、ルーフキャリアに積んでからモノを詰め込んでいく?

う~ん、使い方を考えなくては(笑)


[PR]
by gogo-beemer | 2016-04-03 08:03 | アウトドアグッズ | Comments(4)